<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
植木 等さんがなくなられたそうだ。
植木等さんがなくなられたそうだ。

(yahoo hews yomiuri onlineより抜粋)
「昭和の無責任男」が逝った――。27日亡くなった植木等さん(80)は、「無責任」「日本一」シリーズなどの映画で、高度経済成長を風刺する軽薄なサラリーマン役を演じ、一世を風靡(ふうび)。その後もテレビドラマで活躍し、多くの世代に愛された生涯だった。

 植木さんは1997年のNHK朝の連続テレビ小説「甘辛しゃん」に出演したころから、肺気腫(きしゅ)を患い、治療を続けながら映画やドラマの仕事を続けていた。

 しかし、今年1月、食欲不振を訴えて入院。その後も入退院を繰り返し、今月中旬に病状が悪化。谷啓さんや桜井センリさん、犬塚弘さんら、クレージーキャッツのメンバーが植木さんを見舞った。最後は妻の登美子さんと3人の娘に見守られ、息を引き取ったという。亡くなった直後には、付き人を務めたこともある小松政夫さんも駆けつけた。


僕は小さいころからこの人を見ていて、あまりまじめな印象を持っていなかった。
そりゃあ、そうだよね。
小さいころから、『この人は影で努力をしているよ。すごくまじめな人だよ』
なんて言っていたら、人生を妙に達観した子供だもの・・・。

今でこそそうだろうね、まじめだったんだろうねー。と言えるけれど
まあ、子供のころはわからなかったなー。
この人がなくなって、時代が変わったと感じる人も多いのではないかなぁ。
かなり素敵な人だったのは間違いないね。
| - | - | -
スポンサーサイト
| - | - | -